\n"; ?> 離乳食の後期レシピ

離乳食を与えるコツ

離乳食の後期レシピ

離乳食の後期になってくると、ポツポツと歯が生え始めてくる子も多いはずです。

 

歯茎やあごを使って噛むことが出来るようなメニューを心掛け作るようにしましょう。

 

後期には3回食になるので、大人と一緒のメニューで味付けだけ薄味にするとよいのではないでしょうか。

 

家族で同じ食卓を囲むわけですから、子供だけ違うメニューでは食も進まないのではないでしょうか。

 

みんなが揃って一緒のメニューを食べるように心掛けたいものです。

 

離乳食後期ともなると、ほとんどの食材を食べることが可能になります。

 

ですが、まだまだ大きい物や固いものは食べることが出来ません。

 

それぞれ子供の発達状況によっても異なりますが、子供の食べる状況に合わせて小さく切るようにしましょう。

 

おやき等、手づかみで食べることが出来るメニューなども積極的に取り入れたいものです。

 

この頃になると遊び食べが始まり、じっと座って食べないという子が多いようです。

 

離乳食をひっかき回すこともあるので、簡単に手でつかめる野菜スティックなどもお勧めです。

 

魚介類などは初期の段階では与えるべきではありませんが、後期頃になればしっかりと茹でることで与えることができるようになります。

 

ハンバーグやグラタン、コロッケなどいろんなメニューを食べさせてあげて下さい。

 

塩分や糖分、油などは極力控え調理し、離乳食を作るようにしましょう。

 

時には、市販の離乳食に頼ることも良いのではないでしょうか?

 

忙しい時や疲れた時などは、上手に活用するようにしましょう。

離乳食の後期レシピ関連エントリー


離乳食を与える時のコツや注意事項を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 離乳食の進め方ガイド All Rights Reserved.

離乳食の後期レシピ