\n"; ?> 離乳食の中期レシピ

離乳食を与えるコツ

離乳食の中期レシピ

離乳食も中期になってくると、色々な食材を食べることが出来るようになります。

 

離乳食のメニューにも、様々な食材をバランスよく使って与えてあげたいですよね。

 

離乳食の中期では、上あごと下あごで食べ物をすり潰すことが出来はじめます。

 

この「モグモグ期」とも呼ばれている離乳食中期のレシピでは、モグモグと歯茎でつぶせるメニューを考えましょう。

 

離乳食中期の頃になるとお肉なども使いたいところですが、まずはひき肉などの食べやすいお肉から始めてみましょう。

 

ハンバーグの場合には豆腐をメインにして、ひき肉を少しまぜるようにする事で離乳食中期のメニューとしてはぴったりの物が出来るでしょう。

 

離乳食初期にも大活躍した煮うどんなどは中期になってからも活躍するメニューですが、少し大きめに切ってモグモグと歯茎でつぶす練習をさせるとよいでしょう。

 

マッシュポテトにチーズを加えたり、白身魚のホイル焼きには醤油を入れるなど、少量ならば調味料も使えるようになります。

 

しかし、離乳食はあくまでも薄味ということを忘れてはいけません。

 

離乳食中期では、栄養のほとんどはまだまだ母乳やミルクからということになります。

 

栄養を考えるというよりも、色々な食品の味を覚えさせる事を心掛けましょう。

 

生活リズムをきちんと整えると、離乳食もスムーズに進むようになるのです。

 

離乳食中期のメニューでは、パサパサとした触感のものは飲み込みにくいので、とろみなどをつけて食べやすくなうようにしてあげた方が良いでしょう。

 

毎回決まった時間に食べたり、ご飯が楽しいものだと認識させることも重要なことなのです。

離乳食の中期レシピ関連エントリー


離乳食を与える時のコツや注意事項を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 離乳食の進め方ガイド All Rights Reserved.

離乳食の中期レシピ