\n"; ?> 離乳食の初期レシピ

離乳食を与えるコツ

離乳食の初期レシピ

離乳食初期の頃には舌を前後に動かすことが出来るようになって、食べ物を飲み込むことも出来るようになってきます。

 

離乳食の目安としては、ドロドロ状の食べ物をごっくんと飲み込めるようなメニューにしてあげましょう。

 

離乳食初期に人気のレシピに「パンがゆ」というのがあります。

 

パンを小さくちぎり牛乳やミルクでやわらかく炊くだけなのですが、その中にすりおろしたりんごを一緒に煮ても美味しく出来あがります。

 

離乳食メニューとしては定番となっているのが煮うどんですが、煮うどんの中に茹でたホウレン草や裏ごししたじゃがいもなどを入れると栄養満点の離乳食メニューとなります。

 

離乳食初期には使える食材も限られており、醤油などの調味料もあまり使用することが出来ないのです。

 

だからこそ、素材そのものの味を味わうことが出来るようなメニューがお勧めなのです。

 

おかゆや野菜のマッシュの他にも、豆腐や白身魚のすり流し等もお薦めします。

 

離乳食初期の頃の食材の固さがわからなければ、市販のレトルトなどで確かめてもよいでしょう。

 

ソースやだし等もスティク状のものが販売されているので、少量の離乳食を作る場合にはとても便利です。

 

初期の頃の離乳食は、それほど多くの量は必要ないのです。

 

多めに作ってフリージングしておいておくと、時間が無いときなどに便利でしょうか。

 

赤ちゃんが離乳食を飲み込む為には、やはり多少の時間がかかりますので、きちんと赤ちゃんと向き合って、ゆっくりと離乳食の時間を作りましょう。

離乳食の初期レシピ関連エントリー


離乳食を与える時のコツや注意事項を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 離乳食の進め方ガイド All Rights Reserved.

離乳食の初期レシピ