\n"; ?> 離乳食と大人の食事

離乳食を与えるコツ

離乳食と大人の食事

1歳を過ぎる頃には、もうほとんどの食材を食べられるようになるものです。

 

歯もいくつかは生えている頃なので、噛むという行為も何となくではありますが出来るようになっている頃でしょう。

 

よくこの位の時期になると、離乳食を卒業して大人と同じ食事を食べさせても良いのかという方がいます

 

大人の食事というのは、大人が思っている以上に味付けが濃い事が多いのです。

 

市販の離乳食やおやつの味を、一度お母さん自身が味見をしてみると良いでしょう。

 

こんなにも薄味なのかと、ビックリする方も多いのではないでしょうか。

 

離乳食だけではなく、おやつなども塩分控えめでかなり薄味になっています。

 

子供は一度濃い味を覚えてしまうと、次からは薄味のものを食べなくなってしまう事が多いようです。

 

ですからきちんと離乳食完了しても、もっともっと大きくなってからしっかりとした味付けのものを食べさせるようにしましょう。

 

今の段階では、素材の味をきちんと覚えてもらう事の方が大切な事だと思うのです。

 

また子供の胃や腸は現段階で大人と同じようにきちんと出来上がっていないまだ成長段階なのです。

 

味付けが濃い物は、この成長段階の胃や腸に負担をかけてしまうことにもなり兼ねないのです。

 

離乳食完了後も大人と同じ食事ではなく、薄味の幼児食を心掛けるようにするとよいでしょう。

 

油っこいものや刺激の強いもの等は、もう暫くの間控えるようにするべきです。

 

おやつもスナック菓子やチョコレート等は、3歳を過ぎた頃から与えるようにしましょう。

離乳食と大人の食事関連エントリー


離乳食を与える時のコツや注意事項を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 離乳食の進め方ガイド All Rights Reserved.

離乳食と大人の食事