\n"; ?> アレルギー用の離乳食

離乳食を与えるコツ

アレルギー用の離乳食

生後5ヶ月頃から始める離乳食の目的とは、まず初めのうちは栄養補給ではなく食べ物に慣れるということです。

 

その為には、色々な食材を味わうということも重要なことなのです。

 

離乳食で新しい食材を与える場合には、必ず1種類ずつ与えるようにしなければならないのです。

 

そうしないと、どの食材でアレルギーが出たのかがわからなくなってしまうからです。

 

アレルギーが出やすい食材として、牛乳や卵、大豆や小麦などが挙げられます。

 

全ての子供にアレルギー反応が出るわけでは無いのですが、こういった食材を与えた場合は注意深く見守るようにしなければなりません。

 

卵や牛乳などは月齢の早い段階で与えてはいけないとされている物なので、きちんと月齢に合わせて与えるようにしましょう。

 

アレルギーを持つ子供の離乳食でもうひとつ注意しなければならないのは、市販のレトルトなどの離乳食を与える場合です。

 

裏面などには使っている食材などが明記されているので、きちんと表示を確かめてから購入するようにしましょう。

 

おやつの場合も同様で、卵が入ってないクッキーなどもたくさん販売されているので与える前には注意する必要があります。

 

ほとんどの食物アレルギーは、成長と共になくなっていくものです。

 

それほど心配する必要はないのですがが、離乳食作りは少し大変でしょう。

 

アレルギー用の調味料や牛乳など、アレルギーに対応した商品も数多く販売されています。

 

そういったものを上手く利用しながら、神経質にならずに離乳食を進めていくようにしましょう。

アレルギー用の離乳食関連エントリー


離乳食を与える時のコツや注意事項を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 離乳食の進め方ガイド All Rights Reserved.

アレルギー用の離乳食