\n"; ?> 離乳食の注意事項

離乳食を与えるコツ

離乳食の注意事項

離乳食で食べさせてはいけないもの
離乳食は、栄養バランスの事もよく考えて色々な食材を与えると良いと言われていますが、何を与えてもよいというわけではありません。離乳食で、絶対に食べさせてはならないものがあります。1歳未満の場合、例え加熱したとしても蜂蜜や黒砂糖は絶対に与えてはいけません。なぜかというと、蜂蜜や黒砂糖の中にはボツリヌス菌が存在し、加熱処理をしたとしてもボツリヌス菌を除去することが困難な可能性があるためです。他にも蕎麦などは他の食品に比べ強いアレルギー反応が出る可能性が高いので、1歳未満の子供には与えないようにしなけれ...
病気の時の離乳食
赤ちゃんは、体調を頻繁に崩しやすいものです。特に冬場などの寒い季節は風邪を引きやすく、嘔吐や下痢などの症状もおこる事が多いようです。そのような体調不良の時の離乳食は、どのようなものを与えると良いのかご存知でしょうか。激しい嘔吐や下痢の場合には、まずは十分な水分補給を行うことが大切です。嘔吐や下痢を繰り返すことで、急速に体内の水分が無くなってしまいます。イオン水が効果的なのですが、中には味が受け付けないという赤ちゃんもいるそうです。きちんと水分補給を行うことが大切ですが、嘔吐が激しい場合は飲んでも...
大人の食事から取り分ける離乳食
離乳食を毎食作るとなると大変な作業になります。そして離乳食だけ作ればよいというのではなく、家族の食事も作らなければならないので大変です。出来るだけ離乳食作りの手間を省く為にも、大人の食事から取り分けて離乳食を作ってみてはいかがでしょうか。大人の食事から赤ちゃん用に離乳食を取り分けることで、大人の食事をもう一度見直すのによい機会にもなるのではないでしょうか。大人の食事から離乳食を取り分けるといっても、どのようにすれば良いか悩む方も多いのではないでしょうか。大人の食事の味付けというのは、割と濃くなっ...
離乳食の量
離乳食というのは、月齢に合わせて目安となる量があります。離乳食を与えた後のミルクや母乳は、赤ちゃんが欲しがるだけ与えてよいと言われています。離乳食後の母乳やミルクを大量に飲むようであれば、離乳食の量が少ないのかもしれません。基準となる離乳食の量は決まっていますが、だからといってその通りにする必要はありません。小食の子や大食いの子など、同じ月齢であっても皆食べる量はちがうのです。離乳食の後期になってくると食べむらが出てくる為に、余計に離乳食の量が心配になるというお母さんもいらっしゃいます。この頃の...
アレルギー用の離乳食
生後5ヶ月頃から始める離乳食の目的とは、まず初めのうちは栄養補給ではなく食べ物に慣れるということです。その為には、色々な食材を味わうということも重要なことなのです。離乳食で新しい食材を与える場合には、必ず1種類ずつ与えるようにしなければならないのです。そうしないと、どの食材でアレルギーが出たのかがわからなくなってしまうからです。アレルギーが出やすい食材として、牛乳や卵、大豆や小麦などが挙げられます。全ての子供にアレルギー反応が出るわけでは無いのですが、こういった食材を与えた場合は注意深く見守るよ...
離乳食と大人の食事
1歳を過ぎる頃には、もうほとんどの食材を食べられるようになるものです。歯もいくつかは生えている頃なので、噛むという行為も何となくではありますが出来るようになっている頃でしょう。よくこの位の時期になると、離乳食を卒業して大人と同じ食事を食べさせても良いのかという方がいます大人の食事というのは、大人が思っている以上に味付けが濃い事が多いのです。市販の離乳食やおやつの味を、一度お母さん自身が味見をしてみると良いでしょう。こんなにも薄味なのかと、ビックリする方も多いのではないでしょうか。離乳食だけではな...

離乳食を与える時のコツや注意事項を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 離乳食の進め方ガイド All Rights Reserved.

離乳食の注意事項