\n"; ?> 離乳食の進め方

離乳食を与えるコツ

離乳食の進め方

離乳食の進め方
離乳食には、赤ちゃんの月齢に応じて決まった進め方があります。生後5ヶ月〜6ヶ月頃を目安に、スプーン一杯のおかゆから離乳食をスタートさせます。生後7ヶ月〜8ヶ月頃になると1日に2回の離乳食を与え、生後9ヶ月〜11ヶ月頃には1日に3回離乳食を与えるようになります。生後1歳を過ぎる頃になると、1日3回の離乳食にプラスしておやつも与える事をお薦めします。いずれの場合でも出来るだけ毎日同じ時間に離乳食を食べさせることで、赤ちゃんの生活のリズムをきちんと作ってあげる事が大切なのです。このような離乳食の進め方...
離乳食の悩み
離乳食を開始する事で、色んな悩みが出てくるようです。お母さん達が最も多く抱えている離乳食の悩みというのは、食べないかったり食べむらがあるということではないでしょうか。離乳食の開始時期というのはそれほど食べむらなどが気になるということは無いのですが、離乳食も中期や後期になると、食べない子や食べむらが激しい子など様々なようです。離乳食に関する悩みは、後期になればなる程増えてくるようです。やはり食べ物から栄養を摂らなければならないという事で、好き嫌いや食べむら等があると悩んでしまう人も多いでしょう。で...
離乳食の開始時期
離乳食の開始時期というのは、いつ頃なのかをご存知でしょうか?一般的に育児本などに書いている離乳食の開始時期は、生後5ヶ月頃からとされています。しかしこの生後5ヶ月頃というのはひとつの目安であり、5ヶ月になったからといって必ずしもすぐに開始しなければならないという事では無いのです。離乳食の開始時期になってくると分かると思いますが、この頃の赤ちゃんの様子をよく観察すると食に対して何らかの反応を示すようになってきます。例えば、大人が食事をしているのを見ているとよだれを垂らしたり、食べ物を見ると欲しがる...
離乳食のエピソード
今まで子育てを経験してきた方や現在子育て真っ最中だという方にとって、離乳食の頃のエピソードは本当に数多くあるのではないでしょうか。離乳食のエピソードは月齢によっても異なると思いますが、初期の頃ですと親御さんがスプーンで口へと運びます。面白いことにこの時期の赤ちゃんであっても、食べ物の好き嫌いははっきりとしているようです。嫌いなものの場合は、頑固として絶対に口を開かないという赤ちゃんも居ました。その頑固な赤ちゃんも好きなものの場合は、スプーンを奪い取ってでも口に入れているそうです。こんなに小さな赤...
離乳食を食べない時
離乳食は開始した初期の頃にはよく食べてくれるのですが、中期や後期に入ると食べむらや食べないといった様なことがよくあるようです。実際に離乳食を食べない時には、どのような対処をすればよいのでしょうか。一生懸命作った離乳食を食べないとなると、親にとってもそれ自体がストレスになってしまいます。まずは赤ちゃんがなぜ食べないのか理由を知る為に、よく観察してみましょう。赤ちゃんが離乳食を食べない理由のひとつに、「食べにくい」といったような事があるようです。大きすぎたり小さすぎたり、硬すぎたり柔らかすぎ等の場合...
離乳食完了期
離乳食も後期になってくると、そろそろ離乳食完了期の時期が近づいてきますよね。この頃になると1日に3回の食事とプラスおやつという感じになっていると思いますが、注意しなければならないのは、離乳食の完了期がそのまま大人と同じ食事で構わないということにはならないということです。離乳食の完了期であってもまだ大人と同じ味では濃いすぎてしまうので、少し薄めの味付けを心掛けましょう。噛む力や顎の力はまだまだ弱く、完全な状態ではないのです。離乳食の完了期だからといっても、固さや大きさには十分注意する必要があるでし...
離乳食の初期
生後5ヶ月頃から順次離乳食を始める事になりますが、この生後5ヶ月頃〜6ヶ月頃までの期間を離乳食の初期と言います。離乳食初期は、別名「ゴックン期」とも呼ばれています。離乳食初期では、5ヶ月になったからといってすぐに離乳食を与えなければならないというわけではないのです。生後6ヶ月頃から始めても全く問題はないのですが、離乳食を始める準備だけはしておいた方が良いでしょう。離乳食初期段階では、まず母乳やミルク以外の食事を知るということが重要な事です。最初は一日にスプーン1杯のつぶしがゆなどから始めた方が良...
離乳食の中期
離乳食の初期段階であるドロドロ状の食べ物を、しっかりと飲み込めるようになったら、離乳食中期の段階へと移行していきます。離乳食中期は生後7ヶ月頃〜8ヶ月頃とされており、この頃から1日2回食となります。またこの時期の赤ちゃんというのは、しっかりとお座りが出来る時期でもあります。離乳食を与える時には、お母さんと向き合ってベビーチェアなどに座らせて与えるようにしましょう。初期段階ではほとんど丸飲みしていたものが、離乳食中期の頃になると舌やあごできちんとつぶしてから食べるよう変化していきます。そういった赤...
離乳食の後期
離乳食も後期になってくると、大人と同じように3回食と回数が増えてきます。食べることが出来る食材や味付けなどが増えてくるので、色々な味付けをして離乳食を作ってあげるようにしましょう。生後9ヶ月〜11ヶ月頃を離乳食の後期と呼んでいますが、別名「カミカミ期」とも呼ばれています。この頃の赤ちゃんは動きも活発になり両手も自由に使えるようになります。食べ物をつかんで遊んだり、動き回ったり、食べむらなど色んな悩みが起こってくるのもこの頃からではないでしょうか。離乳食と離乳食の間は3〜4時間程度空けるようにし、...
離乳食のケーキ
1歳のお誕生日には、離乳食のケーキでお祝いをしてあげてみてはいかがでしょうか。普通のケーキは、砂糖などを多く使用している為に離乳食には不向きです。ですが、赤ちゃん用にケーキを作れば離乳食時期の赤ちゃんでも、安全に美味しくケーキを食べることが出来ます。離乳食のケーキにも様々なレシピがありますが、一番簡単な方法としてベビーフードのレンジケーキがあります。このベビーフードのレンジケーキは、レンジで簡単に作ることが出来るので手間もかかりません。後は、水切りしたヨーグルトを生クリームのように飾れば出来上が...
卒乳と離乳食
離乳食というのは、今まで母乳やミルクだけで育ってきた赤ちゃんが、大人と同じ食事をとる為の準備をすることです。離乳食は、赤ちゃんにとって大人と同じ食事をとる為にはとても重要なことです。離乳食が完了する頃には、母乳やミルクなども卒業をしなくてはならない時期になります。母乳をやめることを以前は断乳と言っていたのですが、最近では母乳を卒業するという意味で卒乳と呼ばれているのです。1歳を過ぎる頃には、3度の食事でほとんどの栄養を摂ることが出来るようになります。そうなってくると卒乳できる時期になるのですが、...

離乳食を与える時のコツや注意事項を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 離乳食の進め方ガイド All Rights Reserved.

離乳食の進め方